アルファ財産コンサルティング株式会社
税理士法人タックスウェイズ

世代を結び、100年をつなぐ「親子でM&A®」を活用した100年企業承継

事業承継の3つの「ない」を解決する「親子でM&A®」

昨今の事業承継は、①後継者がいない、②後継者が育たない、人手不足などに起因して、③承継した事業が続かないという3つの「ない」に直面しています。
「親子でM&AR」は、事業承継の3つの「ない」というプレ承継から実行時、そしてポスト承継の各段階における課題をM&Aのデューディリジェンス(DD)や、統合(シナジー)効果発現の手法を応用し、解決する当社独自の仕組みで、100年企業の創出をサポートするものです。

経営軸の強化×次世代の育成×100年企業戦略の実行

後継者がいない原因は、親子間で企業理念・価値観、事業の将来性や借入金・経営者保証など、企業の現状認識についてギャップがあり、双方が事業承継の意思決定を明確にしていないことにあります。
「親子でM&AR」は、ギャップ解消のために経営者と後継者が双方でDDを実行、事業承継の意思決定と承継プランの策定を行います。また、経営者に潤沢な資金を残し、後継者がお金を生み出す力のある事業を引き継ぐために次の3つを実行します。

①経営軸強化:承継後も事業が継続・発展するように、企業経営の軸となる顧客・商品(収益性・将来性)、社員・組織(生産性)、財務(安全性)の3軸をプレ承継の段階から強化します。

②次世代育成:後継者の育成とともに次世代幹部・社員が組織力を発揮する力を養成、仕組みを構築します。

また、後継者自身が事業精査を行った結果、親の事業ではなく自分の事業であるとの納得感を持ち経営するベースができます。
③100年企業戦略実行:経営軸の強化を継続するとともに、事業ライフサイクルに対応した経営革新を行い、次の事業承継に向け企業が成長し続ける仕組みを構築します。さらに、事業承継後のビジョン・目標設定に基づく経営計画を策定し、実行します。

経営革新等支援機関業務などその他の事業承継支援業務

早期経営改善計画・経営力向上計画による事業の現状把握・財務力強化、経営革新時の事業承継補助金活用、新事業承継税制に係る特例承継計画策定など経営革新等支援機関業務、さらに、経営者保証ガイドラインに基づく経営者保証対策、経営革新実行時の資金調達支援などの金融機関サポート業務に対応します。

「親子でM&A」の参考書籍