アンカー税理士法人

専門家のネットワークで後悔しない相続対策を提案いたします

ワンストップがなぜ重要なのか

相続が発生したときに、具体的に何をしなければならないかを十分にわかっている方は少ないと思います。通常、専門家に依頼する場合、業務ごとに担当が細分化されてしまい、別々の専門家に何度も同じ説明をしなければならないことがあります。例えば、相続税申告、不動産名義変更、法律相談、土地の測量等々、たくさんの専門領域があるため、専門家同士の連携が希薄だと思わぬ落とし穴にはまってしまうかもしれません。

その点、私どもが組織するコモンパートナーズ及び提携の専門家集団は、ご相談内容によって関係する専門家が一堂に会し、全員が全体像を把握したうえで手続きを進めていきますので、ご依頼者様の負担が大幅に軽減されます。

ワンストップサービスを提供するコモンパートナーズ

生前対策の大切さ

昨今の相続税改正を機に、相続に対する意識は非常に高まったと思います。以前は自分にはまったく関係ないと考えていた方々も、相続税の心配をしなければならない時代となりました。相続に関する税務相談も爆発的に増加し、関心の高さがうかがえます。

しかしながら、現在においてもご相談の多くが相続発生後であるため、対策としてできることが限られてしまうという現実があります。生前にご相談いただいていれば色々できたと考えられる方を目にするたびに残念な思いに駆られます。

私どもは、単純に税金をおさえることだけでなく、ご本人の生前の暮らしやご家族の相続後の生活、二次相続後の将来までを見据えた生前対策を推奨しており、ご希望をお聴きしながら一緒によりよい方向性を探してまいります。

親のひとつの役目として……

親として子ども同士がもめているのを見るのは忍びないと思います。親のすべきことは色々ありますが、どれだけ仲のよい兄弟姉妹でも、もめるリスクが少しでもあるならば、遺産分けの道筋をつけてあげることもまた親の役目なのかもしれません。

近年は遺言書を残される方が増えてきましたが、自分には必要ないと考える方がまだまだ多いのが現状です。遺言のみならず、民事信託の活用など生前対策の幅が大きく広がってきている今こそ、我が家の相続対策をスタートさせてみませんか?