税理士法人AKJパートナーズ

「無駄な税金は払わない」「争族にならない」相続を対策から提案、実現します

様々な相続・事業承継に対応可能な精鋭部隊

弊所は、「柔軟性(Flexibility)」と「法令遵守(Compliance)」のもと、「信頼性(Confidence)」を勝ち取ることを経営理念とし、所員一人ひとりがより一層の専門知識を磨き、高度な専門家集団でありつづけることが、お客様の幸福・成長・発展に寄与できると確信しております。税務の部隊は、相続・事業承継対策のみならず、現在お客様がおかれている現状に応じたタックスプランニング(節税対策)も提案いたします。また、
弊所はFAS(ファイナンシャルアドバイザリー)の部隊も擁し、相続・事業承継に絡んだM&Aのご提案から、エグゼキューション、クロージングに至るまで徹底的に支援いたします。遺言、遺産分割のみのご案件から複雑なご案件まで、ぜひ、当精鋭部隊へご依頼ください。

相続を「争族」にしないことも税理士の重要な使命の一つ

争えば全てが無駄になる可能性があります。相続税対策が万全だとしても、争いを生んでは意味がありません。
税理士に頼んだとしても、適切な税務処理だけで遺産分割の的確な助言を受けられず、争いが生まれては意味がありません。弊所は、スムーズかつ最適な遺産分割を第一に、節税(無駄な相続税を発生させない)・申告対策(税務調査にならない)のもと、「争続」を発生させない円満相続を実現させます。

相続に関する、この場でのアドバイス

「争い」は減らすことができます。一つ間違えば争う結果にも繋がります。
相続において、相続人全員と常に話せるわけではありません。情報の偏りが、思わぬ影響をもたらすこともあります。完全とは言いませんが、対策時から情報を平等に提供することが争いを確実に減らします。被相続人の思いも、対策時から平等に皆で認識することを心がけることが重要です。
「相続税」は減らすことができます。ちょっとの工夫で減らすことができます。また、一方で「納税」の準備を忘れてはなりません。どうやって一族の財産を保全していくかも考える必要があります。ただ、税金は複雑です。相続後ではなく、相続前から専門家を活用することをお勧めします。

不動産スキーム活用の相続税対策本

局面に応じた株価決定の実務本