税理士法人FP総合研究所

あなたの成功へのお手伝いこそ我が生涯の仕事

資産税専門の事務所として30年以上の経験と実績

相続税の改正に伴い、今でこそ資産税業務を扱う事務所は多くなってきましたが、30年以上前には資産税を専門に行っている事務所はほとんどありませんでした。私どもFP総合研究所はどこよりも早く資産税に着目し、その当時から積み重ねた経験及び実績を活かしてお客様に喜んでいただける未来志向の提案を行っております。また税制改正や新しい判例などにも迅速に対応し、これら最新の税務に関する情報をホームページ上で定期的に発信しており、大変ご好評いただいております。ぜひご活用ください。

組織力を活かした品質の高い相続税申告

弊所はご依頼いただいたすべての相続税申告につき、複数担当者で案件に取り組み、かつ中間時と最終時に必ず全資産税社員が出席する会議にてこれらの申告書の内容を精査する形をとっています。これにより申告内容の誤り防止に限らず、全社員の知識や経験を活かした申告書を作成することが可能となります。各担当者が申告作成時に行った提案や判断の難しい事案、税務調査における指摘事項などにつき全社員で常に情報共有しノウハウとして蓄積しております。この膨大なノウハウをお客様の申告に活かすことができる仕組みが、資産税処理を得意として組織的に活動している弊所の強みです。

すべての相続に関する業務をワンストップで対応

相続業務には大きく分けて「申告」と「手続き」があります。税理士に相続業務を依頼しますと、税務申告は行ってくれますが手続きはご自身でというケースが多いと思います。また最近は信託銀行等が遺産整理業務として手続きを代行してくれるケースを目にしますが、この場合にも申告は別途税理士に依頼する必要があります。弊所は以前から税理士としての申告業務に限らず、相続による名義変更等の手続き業務も一緒に受託しております。また弁護士・司法書士等他の専門家が必要な場合にも弊所を窓口としてすべてワンストップで対応可能な仕組みができています。煩雑な相続手続きで悩まれているお客様も多くいらっしゃいますが、弊所にご依頼いただければ一つの窓口で相続に関するすべての業務から解放されます。ぜひお気軽にご相談ください。

2016年度経営計画会議