税理士法人児島会計

創設以来47年間、相続・医療・中小企業・農業分野に数々の実績があります。

新認定医療法人制度への取り組み

2017年10月1日の施行から3年間の期限で厚生労働省が推進している新認定医療法人制度は、持分あり医療法人の相続・事業承継対策として大きな効果が期待できます。しかしその非課税要件を申請時に満たし、かつ認定後も6年間それを継続することが必要であることから、医療法人に関して知見を有する会計事務所でなければその適用は困難です。児島会計は多くの医療法人クライアント様との永年の関係を通じて十分な経験を有しておりますので是非お任せください。まずは制度の適用が可能かどうかの事前調査を通じて、理事長や承継者様にベストな方法をご提案差し上げます。あれこれ悩む前に是非ご相談ください。

事業承継への取り組み

2018年税制改正で中小企業庁が推進する事業承継税制が大幅に使いやすくなり、この10年間で本制度を利用した承継が拡大することが予想されます。児島会計では税制面でのご相談にはもちろん応じます。ですが、事業承継は会計や税務面でのサポートだけで成功するものではありません。私自身も二代目の経営者として事業の承継を受ける立場の難しさの一端は分かるつもりです。経営者は本質的に孤独な存在であり、経営について相談できる相手がなかなかいないのも事実です。そのような二代目経営者の方の心に寄り添う存在でありたいと思っております。どんな悩みでも是非ご相談ください。

相続への取り組み

皆様忘れがちですが、貴方も私も含めて全ての人間は不死身ではありません。どんなに健康な方であっても、いつかは相続人にその財産を委ねなければなりません。その一方で、資産家の方には人生の決算としての相続税が課税されます。相続税の申告や、それに対する税務調査への対応において、当事者である被相続人には自らの想いを伝える手段がほとんどありません。是非、その想いを早いうちに相続人と共有し、その後の人生を税金の心配などに煩わされない実りあるものにして欲しいと思っております。少し早いかなと思うくらいが丁度いい時期です。是非ご相談ください。