佐野税理士事務所

親身なコンサルティングで相続対策をサポートいたします

適正な事前対策がポイントです

相続対策のお話は、相続発生前と相続発生後の二通りあると思います。どちらも大切ではありますが、生前対策という予防がより重要です。相続関連業務は、単に節税だけすればよいわけではなく、主に遺産の整理・分割(いわゆる争族問題)対策、納税資金対策、節税対策の三本柱を中心に関連業務を検討することとなってきます。賢い相続対策のためには、より早く問題を認識することが大切ですが、現実には、相続全般に対して漠然とした不安や悩みをお持ちの方も多いと思います。事前準備を含めた円滑な相続のためにも、専門家を利用されることをおすすめします。当事務所では、各専門家のサポートのもとで、その方にあった相続手続きや知識をわかりやすい説明をこころがけてサポートいたします。特に保険や生前贈与は、相続対策のキーポイントの一つですが、後の税務調査対応も含め誤解が多い分野でもありますので、より丁寧に対応いたします。

「争族」にしないためには、ライフプランが基本です

まずは、現状把握のために、相続人の確認とライフプラン作成時にキャッシュフロー表と同時に家計バランスシート(財産目録)を作成します。家族間で「相続」について話し合う機会をつくることから始めましょう。現状を把握したうえで、継ぐ側、継がせる側の思いを反映した相続対策が大切です。そのためにも、我々も相談者様とのコミュニケーションを大事にしております。
それぞれの思いを十分にくんだ上で、生前対策・実行援助・相続後対策・相続申告のお手伝いをいたしますが、子供目線だけの相続対策や相続税対策ではなく、同時に財産の持ち主とその配偶者のライフプランとマネープラン(生前の自分たちの取り分の確保)の設計を大切にすることが、相続対策の第一歩だと考えております。