永峰・三島会計事務所

四半世紀にわたり国際的会計・税務の専門家として海外資産の税務及び国際相続に対応

国際的なネットワークの確立

海外資産を保有している人は、相続対策を行う際に国内の資産だけを保有している場合とは根本的に異なる配慮や注意が求められるはずです。そもそも日本と海外の国々とでは、相続をめぐる制度や仕組みが基本的なことから異なっていることが多く、国際相続及び国際税務の対策には、現地国の税務及び法律に精通する専門家との協業が不可欠です。当事務所は会計事務所の世界的ネットワークPRAXITYを通じて、世界中の会計・税務の専門家と提携しています。また法律面では、国際税務の世界的ネットワークITSGを通して、各国の法律事務所との幅広い協業を確立しています。さらには、PRAXITYやITSGを通じ、信頼のおける現地専門家をお客様の個別の状況やニーズにあわせ紹介できる体制も確立しています。

四半世紀にわたり英語によるコミュニケーション能力を磨く

海外に資産がある場合、現地国の複雑で長期間を要する相続手続きや最終的な換金手続きを踏まえた事前の対策が不可欠です。実際、相続が発生した場合の現地国でのプロベートや税務手続きは、多くの場合、現地国の銀行・証券会社・弁護士等の専門家と英語・現地語で対応する必要があり、相続人が語学力に長けコミュニケーション能力が高いことが必須となります。一方で日本の相続税も海外財産を含めて計算しなければならず、両国の税制と遺産手続きを理解しなければなりません。当事務所は25年にわたって、国際的な会計・税務の専門家として、海外資産やその税務処理に関する相談に応じてきた経験があり、英語でのコミュニケーション能力に自信があります。

海外事例が豊富な実務経験

昨今のグローバリゼーションの潮流のなかで、国をまたがる人と金の問題が複雑化しています。また海外投資ブームの到来によって、海外に資産を持つ日本人や海外移住者も増加中です。海外が絡んだ相続税・所得税は、最終的には国内の税務問題に帰着します。当事務所では、国内の相続税・所得税の経験のみならず、海外に会社、不動産、金融資産を保有している企業経営者、多くの富裕層の個人の相続税・所得税の税務に携わってきた実務経験が豊富です。