税理士法人丸の内アドバイザーズ

ワンストップソリューションで経営者の皆様の課題を解決します

士業連携によるトータルコンサルティング

税理士法人丸の内アドバイザーズは、株式会社丸の内アドバイザーズと共に、丸の内アドバイザーズグループの中心となる法人組織です。主としてオーナー企業経営者の、法人・個人両面の多岐にわたるご相談に対応しております。公認会計士・税理士に加え、弁護士、司法書士、社会保険労務士、不動産鑑定士、IFAなどの専門家と連携することにより、ワンステップで有機的なトータルコンサルティングを提供しております。

オーナー経営者の事業承継・相続への対応

中堅・中小企業のほとんどを占める同族会社では、所有と経営が分離しておらず、事業承継、相続問題については法人と個人の両面について並行して対応を図らなければなりません。事業承継、相続問題については、一般に税理士・公認会計士のほか、弁護士やFP、金融機関や経営コンサルタントなどがそれぞれの専門分野に基づいて助言を提供しますが、民法などの法律や税務、あるいは経営の安定と親族間のバランス、納税資金の確保と税負担の軽減など複数の視点から総合的に対策を構築する必要があるにもかかわらず、実際には往々にして、各専門家の助言がそれぞれの専門分野に偏ってしまい、部分最適の助言が必ずしも全体最適につながらないというケースが見受けられます。私たち丸の内アドバイザーズでは、そのようなことが起こらないよう、各専門家が連携し、クライアントの皆様にトータルな観点から行き届いたサポートを提供することを使命と考えております。

事前対策を重視

事業承継・相続対策は、事前から適切な計画に基づいて対策をとることが重要です。経営者の世代交代に際しての会社経営の安定、相続税などの承継に伴う負担の軽減と資金の確保、遺産分割をめぐる争いの回避などを図るには、相続が起きてからでは手遅れです。私たちは事前の計画的な対策をもっとも重視し、経営者の意思に基づいた、事業と財産の安全でスムーズな承継をより効果的に実現することを目指しております。

会議の様子