シティユーワ法律事務所

M&A・相続・不動産・紛争解決の各専門家がチームを組み、依頼者に最適な対策を提案

会社と家族の問題が錯綜する事業承継問題を総合的に支援

オーナー経営者にとって、「事業承継」という会社の問題と「相続」という家族の問題は密接不可分に絡み合っており、総合的な判断が必要となります。法律家から見ても、事業承継・相続は、会社法・民法だけでなく、M&A関連の法制度や、承継対象となる資産に適用のある様々な法律の深い知識と経験が必要となる、まさに総合格闘技といえる法分野です。
シティユーワ法律事務所では、特にM&Aによる事業承継を多数扱っており、国内事業会社、外国企業やファンド等への承継に関するサポートを広く行っており、また、オーナー経営者側だけでなく、買収監査や契約交渉を含む承継側へのサポート経験も豊富です。
また、相続に関しても、①相続開始以前は、遺言書の作成、成年後見・任意後見、生前贈与を活用したスキーム構築などに対応しており、②相続開始以降は、遺産分割協議、遺言に関する紛争、遺留分減殺請求、遺言執行者としての業務、不動産・株式等の遺産の維持・管理・処分、遺産についての訴訟・紛争解決、事業の再編・清
算など幅広く対応しています。さらに、シティユーワ法律事務所における不動産分野に関連するサービスは、日本国内における法律事務所の中でも最も広い範囲をカバーしているという特色もあります。
このように、M&A、相続、不動産という異なる専門分野の弁護士が柔軟にチームを組み、事業承継に関して依頼者のニーズに最も適した解決策を提案することができるのが、シティユーワ法律事務所の最大の強みです。

新しい相続対策スキームの検討〜金融機関等との連携

近年、生命保険会社、信託銀行等が相続対策サービスを強化しつつあります。シティユーワ法律事務所では、これら金融機関とも連携し、金融機関等への出向経験者の有する知見、相続と不動産分野の豊富な知識・経験を活かし、不動産の積極活用や将来の相続争いを避けるための方策、信託の活用など、相続対策スキームの構築・サービス内容の検討についても様々なアドバイスを行っています。

事業承継とイノベーション〜VBとの提携・統合の可能性

ベンチャー企業の持つ革新的な技術や若い経営者のリーダーシップと、後継者問題を抱える伝統的な企業の持つ信用力、販路など、互いに不足しているリソースを補い合うような提携・統合を行い共に上場を目指すといった方策も、事業承継の新たな選択肢として想定されます。シティユーワ法律事務所は、医療・IT等の最新の分野を含むベンチャー企業への法務支援も積極的に行っており、このような提携・統合、上場準備及び上場後の法務支援をシームレスに行うことが可能です。