鳥飼総合法律事務所

戦わずして勝つ・戦っても勝つ
経営者の最高参謀になります

我々は孫子を目指します

孫子は経営者の最高参謀になります。その戦略は何か? 「戦わずして勝つ」を優先します。次に、戦っても勝つ戦略の立案をするでしょう。法律家は、法律(税法も法律)を使いこなす技術者です。孫子なら法廷で法律を使わない。勝つか負けるか分からなければ百戦百勝できないからです。孫子なら経営段階で法律を使うでしょう。その段階で法律を使うと、戦う前に勝利を得ます。つまり戦わずして勝つのです。当事務所も孫子のようになり「戦わずして勝つ」を目指します。

事業承継への適切な対応方針は、戦わずして勝つ

大変化に適応する必要のある令和時代における事業承継では、何が起こるかわからない不透明な面があります。その不透明さに、大きなリスクと大きなチャンスが隠されています。それに適応するには、事前の対応による経営面及び法律面における先手必勝による「戦わずして勝つ」という戦略が必要です。後手に回ると、行政や訴訟において大きなリスクが襲ってくる可能性が高くなります。それを事前に想定し、そのようなリスクに襲われず、むしろ、それをチャンスとして活かすことが最も重要な視点です。当事務所は、その視点での事業承継対策を提案し、実行いたします。

経営コンサル+法務+税務=孫子の兵法

事業承継における孫子の兵法 百戦百勝=経営+税務+法務こそ、事業承継の不敗の戦略なのです。経営の視点を中心にして、真に事業承継に値する成果を出す。そのため、税務と法務を両論とし、戦う前に勝利宣言をするのです。M&Aによる事業承継の場合は、勝利宣言で終わることもあります。でも近親者を後継者とする時、真の事業承継が成功したか否かは別なことを考える必要があります。後継者が立派な経営者になること、これが最も重要です。持続的な成長をする企業には、経営者人材が必要になります。そのため後継者の経営者教育も考えておくことが肝要になります。持続的成長には、経営の戦略・戦術という経営技術的な側面も重要です。しかしそれだけでは不十分です。経営技術を使いこなす人の人間性、それが持続的成長には必要です。成果は人間が生み出すもの。故に人間性を高めることが必須となります。

また、支出には、単なる経費になるものと投資になるものがあります。経営者の最高の投資は人材投資で、その中で投資効率が最も高いのは最高の経営参謀に対する投資です。孫子のように、最高の経営参謀は戦わずして勝つ経営のコーチをし、戦っても100戦100勝して企業に最高の経営効率をもたらす、そういえるからです。

それも配慮した経営参謀でありたい、我々はそう思っております。