特定非営利活動法人国境なき医師団日本

すべては、国境を越えて命を救うために。

日本からも多くのスタッフを派遣しています。

私たちの活動は、緊急性の高い医療ニーズに応えることを目的としています。紛争や自然災害で命の危機にある人びとや、貧困などさまざまな理由で保険医療サービスを受けることができない人びとのいる場所。そこが国境なき医師団の活動地です。

<活動エリア>
・紛争地
・難民キャンプ
・栄養失調が繰り返される地域
・貧困などで医療が届かない地域
・自然災害の被災地
・途上国のへき地

2017年、国境なき医師団は約70の国と地域で活動を行いました。日本からは117人、延べ169回スタッフを派遣。イラク、バングラデシュ、南スーダンなど、29の国で活動しました。

©ShannonJensen

遺言、相続財産からの寄付がふえています。

国境なき医師団は皆様からの寄付によって活動を行っています。昨今では、「社会に恩返しをしたい」というおひとりさまや、「お子様にご自分の思いを伝えたい」という方ご自身からの遺言による寄付や、「故人の思いを託したい」というご遺族の方々による相続財産からの寄付、お香典・供花代による寄付も増えています。こういった「遺贈」をお考えの方はまずはお問い合わせください。資料などをご送付させていただきます。不動産の寄付に関してもご相談ください。

©IsabelCorthier