相続税申告のあすか
税理士法人お茶の水税経

家業の永続的な発展に貢献する 相続税申告のあすか

財産形成コンサルティングで永続的な家業の発展

三代の相続で財産は無くなると諦めていませんか。相続対策をしなければ、当然無くなります。私は年の長きにわたり財産が無くならない方法はないものか、研究してまいりました。自らを実験台にして実践しました。そしてその方法を見つけました。
それは、優良資産と収入を殖やし、相続減税して、キャッシュで納税することです。
成功事例:
世田谷のA様 2013年の総資産億円、相続税2億円→2017年に相続になり1・6億円減税して4000万円キャッシュで納税しました。優良物件が2件に殖えました。
神奈川県のB様 2011年の総資産は2・5億円、相続税3千万円→優良物件に買い換えて2700万円減税して2015年に相続税を300万円キャッシュで納税しました。優良地所2物件と総資産が殖えました。

不動産優遇税制コンサルティングで手取額の最大化

お客様の不動産の売買にあたり、優遇税制を最大限生かし、節税しながら手取額を最大化します。そのために、旧財閥系の一流の不動産会社数社とコラボしています。売却するときは、一流の顧客陣に売却できるので、高く売れます。購入するときは、富裕層の顧客から購入できるのでより優良な物件を購入できます。
優遇税制である1事業用の買換えの特例
2相続税の取得相続税の取得費加算の特例
3空家税制の3000万円控除の特例
4居住用の3000万円控除の特例他で節税して手取額が殖えます。

相続税申告の調査なし!国税局OBが申告前に調査・監修

当社では、申告の作成にあたっては税務署の元相続税調査官が申告前に、調査・監修と書面添付しますので、ほとんど調査はありません。
「あすか」の申告業務は、早さだけではなく、正確さにも定評があります。それは、作成された申告書が税務調査の対象とならないように、国税OBの顧問税理士が資産税統括を担当しており、税知識の豊富な専門家によるダブルチェックを行なっているからです。