税理士法人小林会計事務所

変革する時代とともに40年の実績と信頼で相続・事業承継をサポートします

豊富な実績とノウハウがあります

税理士法人小林会計事務所は、新横浜に開設して40年、多くの法人・個人のお客様の発展に貢献して参りました。事務所には、代表の小林を含む5名の税理士と総勢60名のスタッフが所属しています。

私どもは会計事務所として、横浜を支える中小企業の経営者の会計・税務・経営支援はもちろんのこと、将来起こりうる相続や事業承継については個々の環境に合わせた提案を行っています。また、個人のお客様に対してもライフプランや税金のご相談を承っております。開業以来培ってきたノウハウを活かし、お客様のお役に立てることを意識して、日々業務に取組んでいる事務所です。

相続のサポートは年間100件以上

当事務所では開業以来約40年、さまざまな相続案件をお手伝いすることで得た知識・技術・経験を基に、年間100件以上の相続でお悩みのお客様のサポートをしております。

当事務所の特徴は、「お客様との対話を徹底する」ことです。相続は、お客様それぞれで、問題点と解決策は全く異なります。ゆえにお客様との対話を通して、一人一人にカスタマイズした説明や提案をご提供しております。

先代から承継した大事な会社を存続させるための提案を

創業期、発展期、そして成熟期において、さまざまな悩みを抱えてきた社長の最後の悩み事が経営承継の問題です。後継者が不在、組織的経営ができていないなどで経営を任せられる人材がいない、M&Aについて相談したいなどのニーズがあります。

経営権を創業時より一緒にやってきた専務に譲りたい、また、長男が立派に社長をやれそうなので後を任せたいのだが、自分の持ち株を譲るのに有効な手段を教えてほしいなどのニーズに対して企画提案をいたします。

また、後継者がいないという理由で会社を解散・清算させてしまう事案が増えています。社長が一代で築いた、また、先代から承継した大事な会社を存続させるための提案も積極的に行っております。

お客様との対話を徹底