きっかわ法律事務所

伝統により培われた経験と優れたチームワークで、誠実で質の高い法的サービスを

誠実かつ丁寧な業務を心がけます

きっかわ法律事務所は昭和17年(1942年)に故吉川大二郎により創設された伝統のある法律事務所です。伝統によって培われた経験とたゆまぬ研鑽で、質の高いサービスを提供することと、クライアントとの信頼関係を常に重視して事件処理にあたることを信条としてまいりました。クライアントは大企業から中小企業、個人まで幅広く、何代にもわたってお付き合いが続いているクライアントもいらっしゃいます。その中で、相続・事業承継のご相談を受けることも少なくありません。
事件処理には常に複数名でチームを組成してあたり、内部で十分に検討をしたうえでサービスを提供することを旨としております。

相続・事業承継の事件処理において重視されるもの

相続・事業承継に関係する法分野は多岐にわたり、民法の相続規定や税法分野は当然として、会社法・各種業法のほか、第三者への承継となればM&Aの要素も加わり、監督官庁との折衝が必要となることもあります。事業の状況次第では事業再生としての検討も必要となります。このように、相続・事業承継の分野においては幅広い法分野に対する経験に裏打ちされた正確な知識が重要であり弊所では、これらの各分野において的確に対応できる体制を構築しております。そして、これと両輪となるのが信頼関係の構築です。クライアントが「伝えたいもの」「残したいもの」。それは資産・人材・技術・想い、様々な形で現れ、それを汲み取った対応ができなければ「争」続となり、築き上げたものが崩壊しかねません。法律面と心情の双方からサポートしたいと考えております。

他業種・海外とのネットワーク

相続・事業承継の分野においては会計・税務・各種鑑定など他業種との連携が重要となりますが、弊所はこれまでの長年の実績から適切な他業種との連携が可能です。また、世界約100か国、米国40州に所在する信頼できる法律事務所の世界的ネットワークTERRALEX(テラレックス)の西日本唯一の加盟事務所として、国際的な分野についてもクライアントが直面する様々な法的問題の解決にタイムリーな法的サービスを提供することができます。