田辺総合法律事務所

初めて事業承継・M&Aを目指す企業・病院経営者の方にも分かりやすくアドバイス

リーズナブルな価格の「総合病院」

当事務所は、1978年6月の開設当初より「総合病院」を目指し、幅広い分野にわたって専門性の高いサービスを提供して参りました。所内には企業法、労働法務、競争法、事業再生、医療経営法務などの業務グループがあり、クライアントからの多様な要望に対応しつつノウハウを共有しております。
事業承継・M&Aの分野は、法務に加え、税務、会計、ファイナンスなど様々な領域において高い専門性が求められますが、各分野それぞれの担当者を配置するとチームが過大になり、スピード・価格においてマイナス点を招く可能性があります。そこで、当事務所では、総合性の高い人的リソースをフルに活用することにより最適なチームを構成し、リーズナブルな価格でのワンストップ・サービスの提供を目指しております。

税務・医療経営分野における高い専門性

相続・事業承継およびM&Aの分野においては、特に税務についての対応が重要になります。このため、アップデートされた税法の知識に加え、実際の行政実務や将来の立法動向など幅広い情報が必要です。当事務所では、国税局長OBや長年税務立法において中心的役割を果たしてきた弁護士の知見を活かすことが可能です。また、税務訴訟の分野においても顕著な実績を有しており、こうしたノウハウを税務問題の予防に活かすことが可能です。
医療・介護分野の事業承継・M&Aにおいては、他分野と異なる法規制、リスクに対応することが必要になり、場合により行政当局との折衝がポイントになってきます。このため、当事務所では、厚生大臣経験者の弁護士をリーダーとする医療経営法務グループがノウハウを共有しつつ、専門性の高いサービスを提供しています。

スキーム検討から紛争解決まで、一貫したサポート体制

事業承継を円滑に進めるためには、スキーム検討の段階から将来に発生しうる様々なリスクへの対応に目を配り、仮に紛争が発生した場合も含め、一貫したサポートが何よりも重要です。
当事務所では、お客様との密接なコミュニケーションを通じ、総合性・専門性の高さに裏打ちされたわかりやすいサービスと、アフターケアまで一貫した丁寧なサポートの提供を目指しております。