GCA株式会社

M&Aを通じて、世代を超えた事業の発展をサポートいたします

将来を見据え前向きな成長プランの中で事業承継を考える

オーナー経営者であれば、5年先、10年先のことを考えて、その事業が将来どうなっていくのか、自分の経営、自社の経営資源の中でどう成長できるのかを常に考えていらっしゃると思います。加えて、事業承継についても単に年齢や家業を継ぐ人がいないという問題にとどまらず、事業や従業員の未来を見据えて頭を悩ませているかもしれません。日本でM&A(合併・買収)というと、会社を買うのはまだしも、売ることに対してはネガティブな捉え方をしがちです。従業員も「身売り「」切り捨て」といったイメージを抱きやすい傾向がありますが、それは違うと思います。事業を伸ばそうという点では買うのも売るのも同じなのです。

M&Aの本来の意義―買収も売却も同じ

私は、自身もオーナー経営者であり、GCAの経営に当たる中で、企業オーナーが抱える多くの課題に対してM&Aが大きな力になると考えています。日本の経営者は事業を伸ばしたい、お客様のために役に立ちたいという気持ちが強く、事業の価値を金銭に置き換えて売り買いすることを敬遠しがちで、まだまだM&Aに抵抗がある人も少なくありません。しかし、M&Aの本来の意義は、自社にとって必要な事業を買い、自社では成長させることが難しくなった事業をより活かせる企業に売却するということです。
すなわち、買うにしても売るにしても事業を成長させるということが目的であり、事業を伸ばすという点では、売るのも買うのも同じなのです。これは企業の新陳代謝として必要なことです。

GCA―クライアントの最善の利益のために

事業の将来を見据えて売却が望ましいと判断されたとしても、ファミリー経営のような企業の場合には、そこに家族の問題や相続の問題などが出てくるため、問題が複雑になります。それが判断を遅らせることになり、どうしても追い込まれ型の事業売却になりがちです。しかし、その場合でも将来を見据えて前向きな成長プランの中で、買い手を選択して売却するというのが理想だと思っています。
私たちは、「クライアントの最善の利益のために」という経営理念のもと、M&Aの活用により事業の承継や成長を目指しておられる皆様のお役に立ちたいと考えています。M&Aを成功させるためには、自社(クライアント)の事業を最も成長させてくれる最適なパートナーをクライアントの最善の利益を考えて探し出してくれる頼れるアドバイザーが必要です。GCAは日本国内約130名、海外約170名のプロフェッショナルとともに皆様の事業承継を全力でサポートいたします。