税理士法人アップパートナーズ

九州最大の税理士法人
資産税専門税理士が、相続・事業承継の諸問題を解決します

4つのステップでオーダーメイドの対策をご提供

相続対策は、①現状把握、②遺産分割の検討、③納税資金の準備、④節税対策の4つのステップで行うようお勧めしています。

相続のご相談では一般的に、節税対策が優先されがちですが、将来にわたり財産を守っていくためには、スムーズな遺産分割が重要な要素となってきます。

また、平均寿命が伸びたため、現在は親世代の老後資金を確保しつつ、次世代に承継させるという、長期的なシミュレーションが必要不可欠です。

そのためには、予測される相続税の試算(①現状把握)、財産を誰にどれだけ渡したいか、相続人間で不公平になる贈与をしていないか、活用できていない財産がないか等を検討する(②遺産分割の検討)必要があります。

その上で、納税資金対策(③納税資金の準備)、より効果的に相続するための対策(④節税対策)を実行していきます。

私たちアップパートナーズグループは、資産税専門税理士が中心となって、相続税の申告、生前の相続対策、相続後の対策を全力でサポートして参ります。

事業承継対策 企業が継続・発展し続けるために

まず、事業承継の大きな方向性が決まらないと、対策の施しようがありません。例えば、ご子息に会社を継がせることが決まっていれば、極力株価を低く抑え、生前贈与する手法を考えます。

しかし、後継者がいなければ同業者等にM&Aを行うことも検討します。M&Aの場合は、会社の価値を高めることを優先します。このように、選択する方向性によって採るべき対策が180度異なってしまいます。

また、事業承継に関連する法令・税制は毎年のように新しい枠組みや制度が導入されるため、常に見直しが必要であり、新しい手法を日々習得していかなければなりません。

残念ながら、日々の顧問業務に追われアップデートできない税理士事務所も多いと思います。

私たちアップパートナーズグループは、創業40年のノウハウ、顧問件数2000件以上の関与実績があり、あらゆる業種の事業承継に対応できます。

グループ内の各士業の専門分野を活かして、お客様にとってベストな提案をお約束します。

ワンストップでスピーディーな提案

アップパートナーズグループでは、グループ内に司法書士法人、社会保険労務士法人、M&A専門会社、生命保険代理店があるため、ワンストップでスピーディーに対応可能です。また、法律事務所、金融機関、不動産会社とも提携し、切れ目のないサービスをご提供できます。