ソシアス総合法律事務所

最高水準のリーガルサービスでオーナー経営者を全面的にサポート

大手クオリティを大手にはない形でクライアントへ

事業承継M&Aは、「M&A」という、一般的な企業法務とは異なる高度の専門性が必要とされる分野であると同時に、「事業承継」という、オーナー経営者個人の法律問題(いわゆる「個人案件」)としての側面も有する分野です。したがって、事業承継M&Aでオーナー経営者が真に必要とするリーガルサービスは、両分野に精通した事務所であって初めて提供できるものです。

ソシアス総合法律事務所は、大手法律事務所で長年M&A等に携わってきた弁護士らが設立した少数精鋭の事務所であり、大手での豊富な経験・知識と小規模でこその足回りの良さを活かして、事業承継M&Aに関する高品質なサービスを、オーナー経営者に寄り添って、分かりやすく提供します。

大切なのはオーナー経営者の「納得」と「安心」

事業承継は、オーナー経営者にとって大切に育んできた会社を他人の手に委ねることを意味します。だからこそ当事務所では、オーナー経営者が信頼できる相手に対して十分に納得した上で、安心して会社を委ねるというプロセスが、事業承継M&Aにおいて何よりも大切であると考えています。

事業承継M&Aでは、買手のニーズに合わせて取引形態が複雑化したり、契約書の条項が難解になったりすることがしばしば見受けられます。このようなケースでも、当事務所では、オーナー経営者が合理的な判断ができるよう、取引形態や契約条項から生じる法的リスクとその軽重を実務的かつ平易に説明し、また、取引形態・契約内容に止まらず、その背景にある買手の意図も含めてオーナー経営者に理解・納得いただくことで、安心して事業を買手に委ねられる一助となることを心掛けています。

事業承継の「前」と「後」にも対応

当事務所は、企業法務における総合力を駆使して、事業承継M&Aを検討する段階で必要となる株式の集約、会社書面の整備や事業の整理、契約関係の明確化等にも対応しています。また、多くのオーナー経営者は、事業承継が完了した後に別事業に取り組んだり、投資を行ったり等、新たな試みにチャレンジされますが、このような事業承継後のオーナー経営者の様々な活動を法務面でサポートしています。

事務所エントランス