丸の内M&Aコンサルティング株式会社

我々はお客様の真のニーズに寄り添った、納得感がある質の高いM&Aを実現します

会社を次のステージに飛躍させるためのM&A

M&Aはこの十年で中小企業の皆様にとって大変身近なものとなりました。

これまでだと「後継ぎがいなくてやむなく廃業」というケースでも、中小企業特化型のM&A会社やM&Aマッチングサイトを利用することで、他社に事業承継されるケースが増えております。

また事業承継の目的も、単に相続の手段、引受先の探索だけではなく、創業した会社や事業をさらに成長させ、従業員や会社の飛躍、地域への貢献に繋げたいと考えるオーナーが多くなってきました。

創業者の想いとしては、株式売却による利得も大事ですが、育て上げた事業や従業員、お世話になっている取引先を大事に継承し、会社を「第二創業期」とも言うべき次のステージに飛躍させてくれる会社へと引き継ぎたいというわけです。

M&Aが一般に広まったことによる弊害

一方で、急激な中小M&A市場の拡大に伴う負の側面として、M&Aアドバイザーの「質」の問題が出てきています。これはアドバイザーのスキル不足という面だけではなく、「人間性」そのものに問題のある場合です。

最近では、M&Aの当事者であるオーナーや従業員の想いを置き去りにし、成功報酬を得るためだけの無理なマッチングや、成功報酬が少なくなりがちな小さい企業のM&Aを放置する、というような事例もよく聞きます。

M&Aはよく「企業同士の結婚」という喩え方がされます。この場合M&Aアドバイザーは仲人としての役割を担うわけです。当事者の間に立つ仲人が、仲人のエゴで無理にくっつけても、その結婚がうまくいくはずがありません。

仲人は、当事者が相手を良く知るためのサポート、アドバイスを行い、両者が心から一緒になりたいと確信した結婚へと導くことが重要と考えます。

「M&Aの質」にこだわった当社のご支援

私ども丸の内M&Aコンサルティングは、東証一部上場企業への経営コンサルティングに加え、事業承継に注力している銀行やM&Aマッチングサイト運営会社とも連携し、多くのM&Aによる事業承継に関わってまいりました。

当社は、M&Aアドバイザーとして「M&Aの質」にこだわっております。

会社の売却・買収において最も重要なのは、当事者同士の想い・納得感であり、間に立つアドバイザーの私利私欲やM&A会社の都合が優先されてはなりません。

そして、M&Aの成否を決めるアドバイザーの良し悪しは、所属するM&A会社によって決まるのではなく、アドバイザー個人の人間性そのものにあると考えております。

私どもは豊富な経験、知見とともに、顧客に寄り添う質の高いM&Aを信念として、当事者の想い・納得感のあるM&Aの成約を実現してまいります。

丸の内M&Aコンサルティングに皆様の会社の未来を託して頂ければ幸いです。