インテグラル株式会社

ハートのある信頼関係と最高の英知の積み重ねによる経営支援

「ハイブリッド型投資」で長期的なパートナー関係を構築

「ハイブリッド型投資」とは、投資家から集めたファンド資金の他に、自己資金も投資する、弊社インテグラル独自の投資モデルです。

プライベート・エクイティ・ファンド(PEファンド)は通常、投資家から集めた資金をM&Aによって企業に投資し、資金・人材等のリソースを供給することで企業価値を高めます。投資家に利益を分配するには、従来、取得した株式を数年で現金化(エグジット)しなければならないため、短期的な目線になりやすく、中長期的な経営施策が打ちにくいという課題がありました。

そこで「ハイブリッド型投資」では、株式の自己資金による保有持分はエグジットを前提とせず、投資先企業が希望しない限り売却しないため、株式を長期的に保有することになり、投資先の経営者と同じ長期的な目線で、互いに信頼し、協力しあいながら企業価値の向上を目指すことができます。

企業価値向上の秘訣は「i‐Engine」機能

弊社のもう一つの特長に、必要に応じてメンバーが投資先企業に常駐し、経営を支援する「i–Engine」機能があります。「イノベーションを起こすエンジン」の略で、時には他の従業員と同じようにシフト制の夜勤で現場業務を行ったり、全国各地の営業所を回ったりすることで、多くの従業員と直接話をし、投資先企業の一員となって現場の声を経営に活かしていきます。その他にも、経営方針や中期経営計画、成長戦略の策定・実行、管理部門強化、上場準備、海外進出等、各企業の経営課題によって支援内容は多岐にわたります。投資先企業から「ずっといてほしい」と言われるメンバーも少なくありません。

このように弊社は「ハイブリッド型投資」と「i–Engine」によって、投資先企業と強く深い信頼関係を構築しながら、長期的な視点と時間軸で投資先の皆さんと一緒に「いい会社」を作ることに全力でコミットしています。

「日本型プライベート・エクイティ」を用いた事業承継

近年、創業者からの事業承継の相談が非常に増えています。例えば①後継者がいない、あるいは育っていない、②独立性を維持しながらさらに事業を発展させたい、③その他自助努力では解決できない何かしらの経営課題がある等のケースです。

事業承継の一手段としてPEファンドを活用するメリットは、会社の独立性を維持し、残された経営陣や従業員の想いを尊重しながら、さらに成長・発展させることが可能なことです。創業者自らが育て上げた会社を今後どうしていきたいのか、親心のような想いもあるかと思いますが、弊社はそのハートの部分にもしっかりと寄り添った「日本型プライベート・エクイティ」を実践しております。

会社の次のステップに向け、一度ご相談の上、日本型PEの可能性について検討してみてはいかがでしょうか。信頼できるM&Aアドバイザーや金融機関の方からも有用な情報を得ることができると思います。実績のある弊社44名のプロフェッショナルが、経営・財務の両面からサポートいたします。