株式会社ジェイ・ワン・プランニング | 相続・事業承継プロフェッショナル【電子版】 相続・事業承継プロフェッショナル【電子版】

株式会社ジェイ・ワン・プランニング

底地、借地権、築年数が古いビル・マンション(区分・一棟)・アパートを買い取ります

老朽化した不動産保有資産を現状で買取り

不動産を売却したいが、条件が悪く、売却が難しい。あきらめる前にぜひ当社にご相談ください。売却が難しい不動産でも、購入することが可能です。

弊社では、老朽化したアパートやマンション、ビル、底地や借地権、区分や共有持分、立ち退き交渉が必要な物件まで、あらゆる不動産の買い取りに対応しています。

当社が培ってきた売却ノウハウや交渉力により、資産価値のある不動産に再生し、売却することが可能です。場合によっては周辺及び隣接地の不動産も購入し一体開発を行い、単体では価値の低い不動産でも収益性の高い不動産に再生することが見込めれば、相場より高い価格で購入することもあります。

不動産を共有持分にすると将来売却ができないことも

相続の際に、不動産を共有持分として保有するケースが多くあります。しかし、共有持分では、いざ不動産を売却したい時に売却が困難なこともあります。

共有不動産を売却するには、所有者全員の同意が必要となりますが、共有者間で意見がまとまらない、疎遠になってしまって連絡がとれない、などの問題が近年増加しております。また、共有者の一人が税金の滞納や自己破産をすれば、差押えの対象になってしまうなどの問題が起きる可能性があります。

不動産は分割して共有するより、一人の所有にした方が、後々売却する際にスムーズになります。また、将来の争いの火種にならないよう、早めに不動産を売却して現金化しておく方が相続時に円満に解決すると思われます。

相続で争わないために早めに不動産の売却相談を

相続紛争の7割は相続財産総額5000万円未満の家庭で発生しています。資産家だけでなく一般家庭でも相続は深刻な問題です。特に相続財産の中で、不動産は分割しづらく、現金化も困難なため、大きなトラブルに発展してしまうケースもあります。

問題のある不動産は相続させるよりも、早期に売却して現金化し、将来の相続に備えることが必要だと考えます。

当社は2002年の創業以来、底地を保有している地主様を中心とした各種コンサルティング業務や不動産買取り業務を主体とした相続対策のお手伝いをしてきました。複雑な権利関係の調整でも当社独自のノウハウにより、売却することも可能です。当社は仲介業務ではなく、直接買取りし、資産価値の再生を得意としているからこそ、あらゆるケースに対応できるのです。

不動産をお持ちの方はお気軽に当社にご相談ください。あらゆる不動産の悩みに少数精鋭のスタッフがスピーディーに対応いたします。不動産で悩む人の心強い味方になります。