住友林業株式会社

入居者に長く住んでもらうこと。それをかなえるのが「木」の賃貸住宅です。

土地が持つポテンシャルを最大限に引き出す提案力

住友林業は、自然素材である木を使った賃貸住宅「フォレストメゾン」を通じて、お客様の土地活用にベストなソリューションを提供しています。

土地活用とは何でしょうか。

相続対策や節税を目的として、賃貸住宅を建てることだけでは不十分です。その土地が持つポテンシャルを長期にわたり最大限に引き出すことこそが、土地活用の“本質”であり、お客様の賃貸住宅事業を長期安定経営に導く哲学であると私たちは考えます。

そのためには、綿密な市場調査や需要予測、周辺環境などの調査に基づいていることはもちろん、形状や規模といった土地の特長を活かし、さらには事業運営においての確かな安定性に裏付けられた賃貸事業でなければいけません。ここに木造賃貸住宅の必然性があります。

木造賃貸住宅であることが経営面での強みに

「やすらぎ」や「ぬくもり」など、「木」という自然素材には数多くの魅力があります。内閣府の調査でも、「どんな住宅を選びたいか」という質問に対し、80・7%の人が「木造住宅」と答えています。成熟社会を迎え、ライフスタイルの変化にともない借家志向が進むなか、入居者にとって長く住みたいと思える、「住まい」としての賃貸住宅は、やはり「木の住まい」ではないでしょうか。

またオーナーの皆様にとっても、木造賃貸住宅は、設計施工の自由度からの変形・狭小敷地への対応性や外観のデザイン性、償却年数の短さからの課税上の優位性が経営面での強みとなります。当社住友林業では、注文住宅で培ってきたノウハウを賃貸住宅にも活かし、ハード面やソフト面における充実はもちろんのこと、入居者に長く住み続けていただける質の高い賃貸住宅を「フォレストメゾン」で実現します。お客様の土地が持つポテンシャルを最大限に引き出すコンサルティング力が住友林業にはあります。

土地活用をご検討の方は、フリーコールまたは当社のウェブサイトよりご相談・お問い合わせください。

「30年後も選ばれる賃貸住宅」をご提案しています