浅野会計事務所

事業承継を考える余裕・時間のない方へ、お任せ下さい。

1年でバトンタッチ!!

大企業を除き、時間的負担から事業承継に着手できていない企業が圧倒的に多いのが現状です。日常業務に忙殺され後継者の育成ができないと、お嘆きの経営者の方が多いのではないでしょうか。では、どうすれば、事業承継は可能となるのでしょうか。ポイントは『期日』を決める、『正しい手順』で準備することです。その主な手順は「後継者の選定」「新経営方針の決定」そして「相続対策」です。これらの手順を踏めば、大きな負担や失敗がない承継が可能となるのです。通常3年かかると言われる事業承継をたった1年でバトンタッチすることができます。もちろん、事業承継は思いや理念を承継するものですので、期日・手順に加えて、現経営者と後継者とのコミュニケーションも大変重要です。事業承継に対する私の思いを1冊の本にまとめました。ご興味ある方はご一読ください。

最近出版した書籍です。

事業承継・相続もお客様を理解することが一番大切です

浅野会計事務所は経営コンサルタント会社ではありませんが、理解×真心が掛算されれば、お客様に納得していただける提案書を作成し、共に、これを実行するお手伝いができるものと確信しております。理解とは事業や財産の内容をお客様の視点で考え見通すことです。真心はずばりお客様に寄り添うこと、つまりクライアントファーストの姿勢です。例えば、事業承継対策においては、現経営者・後継者の経営姿勢・事業に対する価値観を理解するだけでなく、その周りのご親族・従業員の方のお考えも含め、事業に携わる全ての方にとってベストな方法を検討します。相続対策においては、資産査定による現状把握だけでなく、ご相談者及び資産承継者となる方々が望む相続の方法を一緒に考えることが大切だと思います。

よい相続対策とは

相続税対策は資産承継です。想いが大切ではないでしょうか?
相続税が安ければ安い方がよいと思います。もっとよいのは相続対策を通して依頼者から承継者の方に相続に対する想いが伝わる提案です。これが当事務所の相続対策のゴールです。